名古屋でお肌のたるみをHIFU治療

池袋のクリニックでリフトアップを

池袋のクリニックなどで受けられるリフトアップ治療には、糸で引き上げる場合や切る手術のほか、高周波や超音波・レーザーなどを用いた照射治療、そしてヒアルロン酸やボツリヌス菌を注射する方法があります。

糸で引き上げるリフトアップは2種類あり、たるんだ部分を糸で引っ張り上げる方法とたるんだ部分を糸で物理的に引っ張りたるみを改善する治療となります。これらの治療は「フェザーリフト」「スレッドリフト」と呼ばれ、この方法にも糸の種類やとめかたの様式、素材によってもさらに分類されるのです。切るリフトアップにはシワやたるみに対して行われていた、手術を意味しています。この手術はどの部分をどのくらいの範囲で、皮膚のどの層まで切り込むかなど細かな分類が出来ます。

皮膚のたるみは表面の皮膚だけでなく皮下組織や表在性筋膜(SMAS)まで影響しているため、手術ではこの表在性筋膜を引き上げる治療が必要です。骨と筋肉が強く癒着している箇所では、骨が動かないので十分な効果が得られない場合もあり、この場合は骨膜下を剥離して筋肉の可動域を広げる処置が必要となるかもしれません。手術にはさまざまなバリエーションがあるので、池袋で手術を行うならば専門医に良く相談してください。

照射治療の場合は高周波RF治療やウルセラのような超音波治療などがあります。ただリフトアップの実感が出来るまでには時間を要し、改善期間も短いという声があることも事実です。ヒアルロン酸などの注射治療は引き上げ手術などの併用する治療が近年多くなり、自分にどの治療が最適かは池袋の専門医としっかりと相談してから決断しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *