名古屋でお肌のたるみをHIFU治療

目の下のたるみをなくす美容整形

目の下のたるみやふくらみを除去する美容整形にはクリニックによりさまざまな方法があります。目の下を切って内側の脂肪と一緒に皮膚のたるみを除去してしまうものもあれば、まぶたの内側から脂肪だけを除去してしまうものなどです。基本的な理論からすれば切開手術が正しいですが、目の下の皮膚や筋肉のたるみは意外と多くはなく取りすぎてしまうことで常にアカンベーをしたような状態になってしまいますので控えめに除去する必要があるのです。そのため、美容整形でわざわざ切開手術までしたのに思いのほか皮膚の除去ができていないということになってしまいます。

何よりも一番の問題は切開法によるキズ跡です。手術のキズ跡というのは意外と目立つものですし、切開法特有の不自然さがのこってしまいます。その理由のひとつに切開法ではあまり脂肪を除去しない方針のクリニックが多いことがあげられます。ですから、キズ跡だけのこってシワやふくらみはほとんど変化していないということも多いのです。

この場合、再手術を受けてもやはりキズ跡がのこってしまいますから、最初から美容整形の選択肢の一つとして脂肪を包み込んで隔膜の部分から脂肪を除去してしまうという施術方法も検討してみることが大事になります。また、この方法においても大量に脂肪を除去するわけではないので、手術後に皮膚がたるんでしまうという心配もありません。クリニックにより方針が異なるのでカウンセリングをいくつか受けよりベストな選択をすることが大事です。名古屋でリフトアップのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *