中古車情報と諸費用の関係

最近の中古車情報を見ていると、中古車の車両価格を安くしておいて、諸費用を高く請求する中古車販売店が増えています。中古車を購入する際には、新車同様に様々な諸費用が発生します。消費税や自動車税、車検が切れている場合は、自動車重量税や自賠責保険料などの法定費用、年式が新しい中古車の場合は新車と同様に自動車取得税も発生します。これらの法定費用は一定なのでどこの販売店でも同じですが、問題はその他の登録手数料や車庫証明申請代行料、納車費用などの手数料です。

この諸費用の中でも注意が必要なのは納車前整備費用です。納車前点検費用という名目で、5万円前後の費用を請求してくる販売店が少なくありません。なぜ、このような整備費用が必要なのかと不信感を抱く人も多いことでしょう。車検費用でも、高いディーラーでも3万円前後ですから、それと比較しても高額です。

いったい何のための費用か、どのような整備をしてくれるのかをしっかり確認する必要があります。中古車情報では、ついつい車両価格ばかりに目が行きがちですが、諸費用を含めた総支払額が重要であることがわかることでしょう。見積もりをとると総支払額がすぐにわかります。ところで、新車と同様に中古車は値引きがあるのでしょうか。

中古車販売店によっても異なりますが、値引きができるかどうかを尋ねてみ手も損はありません。中古車情報では、さすがに値引き情報までは掲載されていませんが、何もいわないと値引きなしになってしまいます。

Filed under: パーキング, 自走式立体駐車場,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website