会社に迷惑をかけないために自動車保険は必須

会社員の方で、自動車に乗る方は、自動車保険は必須です。それは、通勤中の事故は、労災になり、会社に迷惑がかかるからです。また、プライベートでの事故でも、勤め先は警察に報告する義務があり、事故内容によって、警察から会社へ指導が下る場合もあります。会社通勤に使用する車に自動車保険を付けることで、自分にも、会社にも、安心を得ることができます。

補償内容は、対人・対物無制限を前提に、車両保険を付けたプランは必要です。そこに家族の生活スタイルを考慮し、走行距離が短い方用の特約、長い方用の特約を選択したり、一つの車に対して、複数の人物が運転しても大丈夫な特約を付けることが可能です。自動車保険の対人・対物無制限とは、無制限の金額を請求できるものではなく、事故内容に対して、妥当と判断される金額のことを指しています。この保障は、道路上において事故が起きた時に適用され、事故処理の際に、警察によって事故証明を出してもらうなどの手順があります。

事故後に、保険会社が多くの書類を書き、申請をすることで、すべての手続きは進行していきます。自動車保険に入っていない場合、すべての手続き、申請を自らすることになり、警察に出向いたり、場合によっては、裁判の書類を揃えたり、弁護士の手配などもすることになります。一般人が自らそのようなことをするのは、身心共にストレスが大きく、会社にも支障が出てしまいます。大企業の場合、この点に関してとても厳しく、自動車保険による対応が必要となります。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website