立体駐車場で駐車券をなくさないようにする

都会のように、十分な土地がないところでは立体駐車場は便利です。例えば、スーパーマーケットをオープンする場合には、平地の駐車場だけだと自動車を駐車できる台数が限られてしまいます。そうすると、来るはずのお客さんが来なくなってしまうでしょう。同時に、いつでも混雑している場合には、お客さんからクレームが寄せられる可能性を否定できません。

これをするためには、やはり立体駐車場が必要になります。立体駐車場を利用する場合には、建物の耐久度も必要です。スーパーマーケットの場合には、建物の上の駐車場に設置するケースが多いため、十分な強度が必要になるところです。利用者としては、これを利用する時注意しなければならないことがいくつかあります。

1つは、駐車券が必要な場合です。駐車券が必要な場合にもしこれをなくしてしまうと余分にお金を支払わなければいけません。例えば、30分200円のところで30分しか駐車しなかった場合であっても、鍵をなくしてしまった場合には1000円以上のお金を取られるケースがほとんどです。場合によっては5000円以上取られることがあります。

もし、後から駐車券が見つかった場合には返金請求をすることができるでしょう。そのため、もし駐車場があった場合にはそのまま捨てずにお金を請求するために保管しておくことが重要です。もう一つは、駐車場の方でぶつかってしまうケースがあります。普通の道路よりも直角に曲がっているケースが多くトラブルが起こりやすいです。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website