選択の幅が広い立体駐車場の魅力

立体駐車場は、文字通り自動車を駐車するスペースを立体的にするものです。一般的な駐車場は、平面的に形をとっていますので、敷地が広いほど多くの自動車を注射できるわかりやすさがあります。しかし、敷地が狭いとスペースも無くなってしまいますので、少ないとわずか数台程度しか自動車を止めることができなくなります。自動車は幅が広く、それだけ広い敷地を準備しなくてはならないので、その土地を確保することができないとサービスを提供できない課題が存在します。

このような課題を簡単に克服できるのが、立体駐車場です。立体駐車場は、平面的な通常のものと比較して立てに立体的にスペースをとるのが特徴です。階層を付けることによって、それぞれのスペースで止めることができます。1つの階層で4台から5台程度しか止められないとしても、これが3階程度になると単純計算でその3倍の自動車を停車できるようになります。

実際に、幅が狭いスペースであっても機械式の立体駐車場を利用すれば、20台から30台程度の自動車を収納できるようになります。1つだけ注意をしなくてはならないのが、きちんとトラブルに対応できるだけの準備をしておくという点です。立体駐車場は、屋外の駐車場と異なって天井が存在します。不規則に動く機器の影響で、天井部分と接触をしてしまったり動作不良でトラブルになることもあります。

これらの対策をしておけば、非常に利用しやすいサービスといえます。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website