車両ラッピングのデザイン

乗用車の車両ラッピングというと営業車が主に考えられますが、それ以外のラッピング活用方法として考えられるのが痛車と言われているアニメなどのキャラクターを車の全面に塗装する方法です。レースカーなどでキャラクターを描いたものがありますが、企業としてではなく個人の趣味としてラッピングを使う方法もあります。公道を走っているそういう車を見かけるとつい目が行ってしまうし、駐車場に止まっていると足を止めて見てしまうので効果は抜群だと言えるでしょう。従来の塗装だとキャラクターの独自の色を表現することが難しく、思っていたものと違った出来になる場合も多くありました。

塗装面の凹凸や細かい部分の塗装など、直接塗装する方法だと制限がありました。その制限がなくなったのが車両全面をラッピングできるフィルムを使う方法が開発されました。画像そのものをコンピューターで取り込むことでキャラクター独自の色・発色もそのまま表現することが可能です。車両の凹凸部分や細かい部分も関係なく貼り付けることができます。

どうしても塗装だと車両表面の損傷等の心配がありましたが、ラッピングは表面を傷つける心配もありません。また、雨風に強い素材でできているのでコスト面で考えても塗装よりもメリットが多いです。フィルムを貼り替えるだけなので短い期間でキャラクターの絵柄などを入れ替えることもできます。納期も塗装よりも短く抑えることができるので趣味として乗っている人にはお勧めの方法です。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website