総合と特定の証券口座の比較 - 株式のための証券口座の比較について

総合と特定の証券口座の比較

証券会社では、まず証券口座として一般総合口座を開設することになっています。

一般口座を開設することで、個別株式や投資信託などの金融商品の売買が可能となります。

証券口座の比較情報を利用してみませんか?

また、個人投資家では一般証券口座とは別に特定口座を設けることもできます。



一般口座と特定口座を比較すると、個人の課税制度に大きな違いが生じています。
特定口座では証券取引で生じた税金は源泉徴収の方法を選ぶことができます。



そのため、年間の税務処理は証券会社で計算をして、証券会社が税務署に代行して申告してもらえます。


したがって、特定口座では個人投資家が確定申告を行う必要がなくなっています。それに対して、一般口座では源泉徴収が選べないため、自らで税務署に足を運び確定申告をする必要が出てきます。よって、税務申告のしやすさで比較すると、一般証券口座より特定口座の方が有利となっています。
しかし、特定口座であっても年間で損失が出てしまった場合には、損失を次年度へ繰り越すために確定申告をする必要が出てきます。

また、特定口座では外国株を売買を行った場合には、その分の税金を確定申告する必要も出てくる場合があります。

なお、特定口座では源泉徴収なしを選ぶことも可能です。
源泉徴収なしの場合には、証券会社の取引報告書から税金の計算が簡単にでき、簡易的に申告をすることができます。
以上から一般口座と特定口座を比較すると、毎年確定申告をしている人ならば、必ずしも特定口座はいらないとも言えます。